乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医 】の楽天ショッピング
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!




乳癌免疫療法>がん免疫療法

乳がんに対する最先端がん治療・セレンクリニック



セレンクリニックでは、
東大をはじめとする最先端のがん研究を行う国公立大学や
ハーバード大学をはじめとする欧米の一流大学で、
がん治療研究の第一線で活躍されてきた、
あるいは現在も活躍されている医師・研究者から
最新のがん治療情報を収集し、
患者様やそのご家族、あるいは知人の方がワンストップで
最先端がん治療情報を入手し、
患者様ひとりひとりにあわせたオーダーメイドの
がん治療をすみやかに開始できる体制を整えております。

★さらに詳しく乳がんの最先端がん治療
「がん標的免疫療法」をお知りになりたい方へ

・はじめに
・乳がんが、がん標的免疫療法(がん樹状細胞療法)と
 相性が良いのをご存知でしょうか?
・手術、抗がん剤が困難な乳がんの患者様に効果を示す
 がん標的免疫療法(がん樹状細胞療法)
・がん標的免疫療法(がん樹状細胞療法)の特徴は三つあります
・セレンクリニックの乳がんに対するがん治療
・海外における乳がんの最先端がん治療動向
・最後に

乳がんのがん治療は、
一般的に手術、抗がん剤、ホルモン療法、放射線療法が中心になりますが、
最近では新しいがん治療法として注目されている
がん免疫療法(がん樹状細胞療法)や新規抗がん治療薬、
さらにそれらを組み合わせた併用療法が
次々と実施されるようになってきています。

詳しくは下記からどうぞ!
乳がんに対する最先端がん治療・セレンクリニック

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌免疫療法>がん免疫療法

乳癌免疫療法>がん免疫療法

がん免疫療法・プルミエールクリニック



がん治療・がんの免疫療法を専門に行うプルミエールクリニックは、
先端医療に代替療法を組み合わせて、人に優しい医療を提供します。

統合医療ビレッジとは
「個人のために」役立つ医療を、
オールラウンドで考える統合医療
個人を取り巻く環境がさまざまなように、
健康レベルや症状も人それぞれです。
症状に深く耳を傾け、
従来の臨床で用いられてきた医療ツールを当てはめるだけでなく、
さまざまな角度から多面的に個人を診て原因を考え、
その人に合った医療システムや東洋医学から自然療法、
食事にいたるまでを各専門家がご提供いたします。

決して従来の医療を否定するのではなく、
現在必要な最善の方法を見いだすために、
私たちスタッフはさまざまな療法から
最新の医療システムにも精通した理解を持っています。
統合医療は単なる「寄せ集めの医療」ではなく、
安全で心地よい治療を目指して
先端的医療に代替医療を組み合わせながら作り上げる、
人に優しい医療を提供したいと願っています。

星野泰三院長 メッセージ

通常の治療に嫌悪を覚えて、免疫療法という理想郷に
過度の期待を抱き私のところを訪れる
患者さんが実に多いのです。
しかし、私は安易なごまかしや慰めはしません。
手術や抗癌剤など
通常治療の意義もまず先に知っていただきたいのです。
例えば抗癌剤を用いないことの不利益も
認識してもらうことにしております。
よい医者とは単に患者さんの感情に迎合するのではなく、
患者さんを正しい方向に導くのが使命であると考えております。

もちろん
インフォームドコンセント(説明と合意)を重要視する
今日においては、
医者が望む方向に患者さんを誘導することは
非難されるべきことですし、
治療法の最終決定権は患者さんにあるのだということを
十分に認識しなければなりません。

しかし、すべての患者さんが自分の置かれている状況の把握や
医療情報を冷静に理解できるわけではないのです。
インフォームドコンセントの大義名分のもとに
患者さんを突き放すのは酷なことではないでしょうか。
したがって、医療のプロとして現時点で考えうる治療の
正しい方向性だけでも提示すべきだと思います。
それが医者としての良心ではないでしょうか。

ところで私の癌治療法は少々変わっておりまして、
多くの方が理解しにくいといいます。
それはなぜかというと、
いにしえの東洋医学的考え方で分子生物学に代表されるような
最新の治療法を行うからではないでしょうか。
それが私の治療法の特徴なのです。
そのためには東西医学のそれぞれのタブーに挑戦して
真実の扉を開かねばなりません。
そして扉の向こうには究極の癌治療が存在するのです。
そして癌の予防と治療の鍵を
免疫環境というキーワードが握っているのです。

■星野泰三院長プロフィール

昭和63年 東京医科大学卒業
東京医科大学大学院入学 腫瘍免疫専攻
平成6年 医学博士
癌化学療法による骨髄抑制の克服
平成7年 米国国立衛生研究所(NIH)フェローシップ獲得
癌遺伝子治療(CDDP耐性腫瘍の克服)、
再生不良貧血の原因解明に関する研究
先天性再生不良貧血の原因究明につき米国血液学会ワークショップ
平成9年 帰国、QOLを重視した癌治療の臨床研究
平成14年 プルミエールクリニック院長
平成15年 統合医療ビレッジ理事長

日本産婦人科学会認定医・専門医
日本東洋医学会漢方専門医
日本統合医療学会発起人
国際統合医療学会理事
日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)評議員
日本臨床腫瘍学会会員
日本癌学会会員
日本癌治療学会会員
EBM for Natural Products 推進協議会理事
日本バイオセラピー学会会員

東京都千代田区六番町6−5 六番町アンドロイドビル

がん免疫療法・プルミエールクリニック

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌免疫療法>がん免疫療法

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。