乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医 】の楽天ショッピング
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!




乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

うめざわクリニック・乳ガンにだけ健康保険の適応が認められている分子標的薬「ハーセプチンの効能」



現在のガン治療の功罪〜抗ガン剤治療と免疫治療
梅澤 充 医学博士
外科認定医
消化器外科認定医
消化器病認定医
日本癌治療学会会員 
日本癌学会会員 

うめざわクリニック

現在のガン治療の功罪について、
抗ガン剤治療と免疫治療に関する話題を中心に医療の現場から語ります。

「ハーセプチンの効能」
ハーセプチンはご存知の方も多いと思いますが、
乳ガンにだけ健康保険の適応が認められている分子標的薬です。
日本ではリツキサンと並んで、
分子標的薬の先駆けになったクスリです。

現在では、
乳ガンにしか健康保険の適応はありませんが、

ガン細胞がハーツー蛋白という特殊なタンパク質を持っていると、
何処にできたガンであっても効いてくれる可能性があります。

私は、ハーツー蛋白が発現しているガン細胞であることが分かれば、
乳ガン以外のガンに対しても使っています。
効きます。続きはコチラから

現在のガン治療の功罪〜抗ガン剤治療と免疫治療

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(5) | TB(0) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌の診断と治療・聖路加国際病院 ブレストセンター



◆ 乳癌の診断と治療を専門に行うブレストセンターにおいて、
関連各分野(乳腺外科、形成外科、乳腺腫瘍内科、放射線診断)の
乳腺専門医が一堂に会して効率の良い診療を行っています。
ブレストケアナース、癌領域専門薬剤師、
ソーシャルワーカなどとともに、
患者中心のチーム医療を実践しています。
詳しくは下記からどうぞ!
聖路加国際病院 ブレストセンター


聖路加国際病院
所在地 〒104-0044
東京都中央区明石町9番1号

聖路加国際病院は、
東京都中央区にある財団法人<公益法人>であり総合病院。
東京都災害拠点病院。

評価
「日経ビジネス」が毎年主催する
「良い病院ランキング」でたびたび第1位になる。
「週刊ダイヤモンド」2007年4月7日特大号の特集記事内
「8000人が選んだベスト病院ランキング」においても
総合第1位として紹介されている。
読売ウィークリーの調査でも「行きたい病院」2位、
満足度3位(いずれも東京都内)となった。

宮家、皇族の縁者、文化人、財界人などが
利用する病院としても有名である
(戦前の旧病棟の建設にあたり多額の資金が
皇室から下賜されているなど歴史的に皇室との関係が非常に深い)。

財団法人としての初代理事長は渋沢栄一が勤めた。
現在、日野原重明医師が聖路加国際病院理事長。同名誉院長。

詳しくは下記からどうぞ!
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

聖路加国際病院


Google 検索「乳がん治療名医」より

乳がん治療に「メス不要」目指す名医. 夕刊フジBLOG
■ブラックジャックを探せ! 中村清吾さん(50)
聖路加国際病院・ブレストセンター長、
乳腺外科部長 meii20070222.jpg
男性にとって乳がんという病気は、
子宮がんと並んで縁の遠い存在といえる。 ...
詳しくは下記からどうぞ!
夕刊フジBLOG

乳がん治療に「メス不要」目指す名医 夕刊フジBLOG

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌の診断と治療・癌研有明病院 
レディースセンター 乳腺科



癌研有明病院へようこそ。
癌研有明病院は日本で最初に出来たがん専門病院です。


70年前、
日本唯一のがん専門病院として29床で発足した癌研有明病院は、
いまや700床の充実した内容を誇る近代的病院になりました。

これからも癌研有明病院は、
常にがん診断と治療の最高の技術を提供し続けると共に、
最も先進的ながんの臨床研究を推進していきます。

レディースセンター 乳腺科

乳腺科からのお願い

<外来予約制へのご協力について>

癌研有明病院の外来は、予約制を原則としています。
予約なしで当日いらした方も、
お断りはしないこととなっていますが、
乳腺科では患者さんが非常に多く、
ほとんどの診察時間が予約の方で埋まっている状態です。
このため、予約なしでいらした方は、長時間お待たせすることとなり
(朝いらして夕方の診察となってしまうこともあります)、
またすでに予約をしている方々に大変ご迷惑がかかります。
より安全で正確な診療のためにも、
初診・再診とも必ず予約をとって下さいます様、
ご協力をお願いいたします。

診療内容

乳腺科は乳がんをはじめとする
乳腺の様々な病気の診断と治療にあたっています。
有明の新病院では、
従来分かれていた乳腺外科と化学療法科が、
「乳腺科」としてひとつになり、
さらに放射線治療が必要な場合には、
放射線科医が乳腺科に加わって診療することにより、
様々な分野の医師がいつでも話し合いながら、
乳がんの総合的な治療をよりスムーズに行えるようになりました。

診断

触診、マンモグラフィ、超音波(エコー)、
細胞診、針生検、マンモトーム生検、外科的生検、
乳管造影、乳管鏡、など
※新病院では、マンモグラフィ、マンモトーム生検、
乳管造影、乳管鏡の各検査は、
すべて乳腺科の外来の中でできるようになりました。
さらに超音波室も乳腺科のすぐとなりにあり、
ほぼ1カ所でほとんどの検査が可能です。
※2005年4月から、「石灰化外来」「乳頭分泌外来」を開設しました。
マンモグラフィで発見された石灰化や、
乳頭からの分泌に対して、
専門医による正確で効率的な診断をめざしています。

治療

乳がんの治療法は、大きく分けて3つあります。
がんの状態に応じて1~3を組み合わせて行います。
1.外科治療(手術を主体とした治療)
2.薬物療法(抗がん剤、ホルモン剤などの薬剤を主体とした治療)
3.放射線治療(放射線をあてて治療する)
抗がん剤の点滴は、
乳腺科のすぐ前にある外来治療センター(ATC)で行います。

乳腺科の特徴

近年、乳がんの外科では、
乳房温存手術を行うことが多くなり、
乳がんの局所切除を完全なものとすることが重要となってきました。
乳がんの診断としては、
単にがんか良性かの診断だけに留まらず、
がんの拡がりの正確な診断、
さらにどういう性格のどの程度の悪性度の
がんであるかまでを見極めるよう努力しています。
このために各種の診断法と生検法を駆使して
温存手術の安全性を高めています。
手術はこの詳細な診断結果に基づいて
確実、安全、丁寧かつ迅速をモットーに行っています。
また、最近の乳がん治療では、
薬物療法(抗がん剤、ホルモン剤)の重要性が高くなり、
手術前治療を含め、
手術後の補助薬物療法を一貫して行い、
患者さんの状態に応じた外来ケアを行っています。
進行症例、再発症例は乳腺科の腫瘍内科医(従来の化学療法科医)と
放射線治療科医とが協力し、患者さんの状態に応じた治療を目指します。

2005年に移転した年の、
乳がん初回手術症例数は731例、
病院が軌道に乗った2006年には、過去最高の961例となりました。
2006年の乳房温存術施行率は68%を示しています。
温存手術例によって
がんが安全に切除されたことが保証された場合には
温存乳房に照射を加えないという
癌研乳腺外科方式 による1,462例の乳房温存治療の
乳房内再発率は年率0.84%と、
全例に照射を加える世界一流病院と比べても
トップクラスの成績を出しています。
センチネルリンパ節生検(SNB)に関しては
3cm以下のがんで手術前に
腋窩リンパ節に腫れたものが無い症例に対して行っており、
これが陰性でかつ患者さんとの話し合いで
同意が得られた場合にはリンパ節の郭清を省いています。
2004年からは、ごく小さながんに対して、
2泊ないし3泊の短期入院で乳房部分切除と
SNBのみの小手術を行い、
後日その病理結果をみて治療方針を決める、
という方法も始めています。
どの治療を選択するにしても
安全で着実な質を備えることが必要であって
外科医、腫瘍内科医、放射腺科医、病理医が緊密な関係を保ちながら、
1例1例を決しておろそかにすることなく、
大切に診療することをこころがけています。

有明移転にともない、
これまでの乳腺外科、乳腺化学療法科が「乳腺科」として統合し、
放射線科医の診察も同じ外来で受けられるようになったこと、
乳腺の診断に必要な諸検査と外来点滴治療室が
すべて乳腺科外来周囲に集まったことで、
さらに便利で高質な医療が提供できるものと確診しています。

癌研有明病院

癌研有明病院 レディースセンター 乳腺科


乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

丸の内・女性のための統合ヘルスクリニック[イーク丸の内]



医療法人社団ブレストピア・ヘルスケア
丸の内・女性のための統合ヘルスクリニック[イーク丸の内]

★乳がんは増えている。

日本における女性の乳がん発生率は
欧米にくらべると1/4〜1/5と比較的少ないとされてきました。
ところが最近、
日本でも乳癌の発生率が年々増加しています。
現在、女性のかかるがんのトップになりました。
いままで、
上位を占めていた胃癌・子宮癌が早期発見・早期治療により
近年著しい減少を見せて来ているためです。
乳がんの発生は20代からみとめられ20代後半から増加し、
40代の女性がいちばん乳がんが発見されています。
つまり20代から「乳がん年齢」なのです。
早期発見のためにもマンモグラフィや
超音波をつかった乳がん画像検診を受診されることをお勧めします。
20歳代でも気になる症状がある場合には、
専門の医療機関で検査をすることが必要です。
不安を抱えるよりも
しっかり検査をして安心されることをお勧めします。
でも、
乳がんが一番かかりやすい癌だからといって、
怖がる必要はありません。
乳がんはかかりやすいけれど
早期に発見できれば死にいたらない癌でもあるのです。  

◎現在のところ、決定的な予防法はありません。
年1回の乳がん画像検診を受診して
早期に癌を発見することが一番の予防法と言えます。
早く診断すれば、怖いものではありません。

★ブレストピアとは

乳腺疾患の専門医療機関として、
乳がんの超早期発見と先端的治療に取り組んできた
ブレストピアなんば病院(宮崎県)を
中核施設とする医療法人グループです。

平成3年に開業以来これまで十数年にわたって
乳がん患者さまの治療を行ってきた実績があります。

理事長 難波 清

私が乳がんをライフワークにしようと決意したのは、
今から約25年前のことです。
当時乳がんを取り巻く医療環境はまったく整備されておらず、
どの科に診てもらえばいいかわからない、
大きく切開しなければ良性か悪性か診断できない、
悪性とわかれば乳房切除、
さらに再発すると治療の受け皿がなく、
患者さんは路頭に迷ってしまう、
という状態で女性にはきわめて気の毒な悲しい状況にありました。

そこで私は癌研究所などで研鑚を積んだ後の1991年、
宮崎に「検診・診断・治療」を
一貫して行える乳腺疾患専門の診療所を開業しました。
しかし、多くの患者さんが治療の甲斐なく、
目の前で亡くなっていきました。
それは、乳がんを発見する時期が遅すぎるからでした。
もっと早期に発見できていれば助かったはず・・・・・・。
検診の重要性をさらに深く思い知らされたのです。
以来、「乳がん死ゼロ」をめざして、
マンモグラフィと超音波を併用した世界最高水準の検診に
本格的に取り組むようになりました。

いまや画像診断装置の性能は向上し、
これまでは見つけられなかった小さな病変も
確認できるようになっています。
つまり、
もう現実には「超」早期発見が可能な時代に入っているのです。
現在、
ブレストピア・ヘルスケアグループでは、
すでにこの「超」早期発見に注力しています。

ところが日本全体を見てみると、
乳がん検診の受診率は視触診が10%前後、
マンモグラフィ検診はいまだ1%前後と低いものです。
この状態をなんとかしたい、最先端の乳がん検診を日本全国に
浸透させたい。
その思いから、東京にも検診と精密検査専門クリニックをつくりました。

自身の健康と将来のため、
そして大切な人のために、自ら何を選択すべきかを考え、
主体的に行動できる女性のためのクリニックです。
ぜひ多くの女性に、
最先端の乳がん検診や診療を受けていただきたいと願っております。

医療法人社団ブレストピア・ヘルスケア
丸の内・女性のための統合ヘルスクリニック[イーク丸の内]


乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌の診断と治療・武田病院画像診断センター



最先端の検査機器と専門の医師による
徹底した早期発見へのアプローチをおこないます。


武田病院画像診断センターの
ホームページには「PET-CT」動画もございます。

理事長メッセージ


1200余年の歴史とともに、
常に進取の気風で独自の市民文化を開花させ、
今なお訪れる人を魅了する”古都” 京都。
その玄関口にPET-CT装置をはじめとする
最新鋭の検査機器を導入し、
さらに読影に熟練した核医学専門医2名が常駐する
検診施設「武田病院画像診断センター」が生まれました。

戦後、
日本人の疾病構造は大きく変化してきており、
がん、心疾患、脳卒中、糖尿病といった
生活習慣病への対策が急務となっています。
特に死因の第一位である「がん」の発生死亡数は、
現在も増加し続けており、
わが国だけでなく世界の主要国の国家的テーマとなっています。
各国ともに「がん対策」に取り組んでおり、
「がん」の治癒率の向上も顕著になってきました。
これは医学の進歩による新しいがんの治療法に加えて、
PET検査をはじめとする早期診断技術の向上が大きく貢献しています。

このように、
「がん」を早期発見して早期治療することへの期待が、
社会でますます大きくなるなか、
「精度の高い画像撮影装置」と
「病巣を正確に読み取る優れた専門医」という
ハードとソフトの両面から徹底的にアプローチして、
体の奥に隠れた小さながんを見逃さない
最先端の体制を「武田病院画像診断センター」として
スタートさせました。

私ども武田病院グループの目指すものは、
保健・医療・介護・福祉サービスの
さらなる質の向上と機能の充実による地域医療への貢献です。
センターで、万が一「がん」が発見されても、
武田病院グループで直ちに内科治療・外科治療、
そのほか充実した治療体制を整え、
受診される方々をバックアップさせていただきます。

繰り返すまでもなく、
PETによる「がん検診」は「がんにならない」ために、
また「がんが発見されても早期治療で完治させること」が目的です。
しかし、
受診される方々には軽い緊張感がついてまわることも事実です。
こうした皆様方のお気持ちを踏まえ、
当センターでは居心地の良い空間づくりを念頭に、
近未来的で開放感あふれる外観と
京都らしい落ち着いた「和」の雰囲気の内装を調和させました。
受診される方々がリラックスして落ち着いた気持ちで
検査を受けていただける雰囲気づくりにも力をいれております。

京都ならではの「おもてなしの心」と
積極的な早期発見へのアプローチによる「安心」を
より一層充実させ、
皆様方にとって心強い施設づくりに精励してまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

武田病院グループ理事長 武田 隆久

乳癌の診断と治療・武田病院画像診断センター

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(1) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌の診断と治療・乳がんのハイテク乳腺専門 ベルーガクリニック



PBC(Perfect breast Care) システムによる
マンモグラフィー乳がん検診・乳がん検査・乳腺精密検査を
始めとするブレスト・ケアを行う
クオリティーの高い乳腺専門クリニックです。

■ 診療だけではなく、『乳がんによる悲しみをなくす。』
  乳癌キャンペーン>ピンクリボン運動の啓発活動行います。
■ PBCシステム乳がん検診で超早期乳がんの段階で発見します。
■ “全身病と言われる乳がん” 常に患者様と共に戦い、
  モチベーションを上げ続けます。
■ 女性に優しい、最高の医療サービスを提供致します。
■ 患者様との対話を欠かしません。
■ 女性の方の質の高い生活を支援します。
■ 乳がん検診・検査のグローバルスタンダード化を目指します。

★乳がんとは
乳がんとは、
乳房の中の母乳を作る『小葉組織』・
母乳を乳首まで運ぶ管『乳管組織』から発生する悪性腫瘍です。
約90%は乳管から発生する乳管癌です。
乳管癌は乳頭腺管癌・充実性癌・硬癌など
細かく約15種類に分かれます。
また、約5%の発症率の腺房細胞にできる小葉癌もあります。
他の粘液癌・髄様癌・管状癌などの特殊なタイプもあります。

また、大きく乳癌を分けると浸潤癌と非浸潤癌とに分けられます。
非浸潤癌は約9.2%で乳管・小葉の中に留まっていて、
周囲に広がらない癌で非常に転移しにくい癌です。
また、乳がんはしこりを触れるものが90%ですが、
しこりを形成しない非触知乳がんが約10%程度あります。
しこりがなくても乳がんとお考え下さい。

1996年には日本女性の悪性腫瘍罹患率第一位となり、
2004年には約4万1千人が罹患しました。
"日本人女性20人に1人が乳がんです。
"乳がん発生は20歳過ぎから認められ、
50歳前半が最も多い年齢となります。
20歳から乳がん年齢と言われています。
特に、35歳以下での発生は死亡率が高いと言われています。
2004年の乳がん死亡者10524人です。
乳がんに罹った方の約30%は亡くなられています。

乳がんは早期がん(2cm以下)で発見されると
治療を受ければ90%は助かると言われていますが、
約10%の早期がんはリスクがあります。
つまり、超早期がん(数ミリ)で発見することが
100%完治すると言う最大のリスク回避と考えられてきています。

★乳がんの危険な方
・ 未婚の方
・ 初産年齢が30歳以上の方
・ 初潮が11歳以下の方
・ 閉経が55歳以上の方
・ 乳がんに罹った方が血縁関係にいらっしゃる方
・ 肥満(肥満指数1.1以上)の方・閉経後に肥満になった方
・ 避妊薬を御使用になっている方 ・ 動物性脂肪摂取の多い方
・ 成人で高身長の方
・ 運動習慣のない方
・ アルコール多量摂取の方
・ 豊胸手術を行った方
・ 放射線量暴露の方
・ 遺伝子変異を起した方

★ベルーガクリニックが推奨する乳がん対策
・20歳を越えたら専門医療機関でのマンモグラフィー撮影検査・超音波検査を行う。
・自己検診を定期的に行う。
・バランスの良い食生活を行う。
・適度な運動を行う。
・飲酒をされるならば、ポリフェノールを多く含む赤ワインを飲む。

★乳がん・注意する症状
・乳房にしこりがある。
・乳頭分泌がある。
・乳房に痛みや張るような自覚がある。
・乳房の皮膚にかゆみやタダレがある。
・乳房の皮膚にくぼみがある。

〒174-0046 東京都板橋区蓮根3-14-1 
第2カネヨビル2F  
都営三田線 蓮根駅・西台駅徒歩5分

乳がんのハイテク乳腺専門 ベルーガクリニック

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(1) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

名古屋大学医学部附属病院■乳腺・内分泌外科



■乳腺・内分泌外科概要
乳癌など乳腺の病気や、
甲状腺、副甲状腺(上皮小体)、副腎、膵臓など
内分泌腺と呼ばれる臓器の腫瘍性病変に対する
外科的治療を主に行っている科です。
以前はこれらの疾患は
一般外科の中で扱われることが多かったのですが、
専門性が重視されるなかで独立した診療科となりました。

世界的に標準とされる治療法を基本として
大学病院ならではの最先端の技術を織り交ぜて
最善の治療を提供できるよう努力しております。
またクリニカルパス(標準的治療計画)を積極的に取り入れて
治療の効率化、均一化を図っています。

★キーワード
乳癌 副腎 甲状腺 副甲状腺 上皮小体 膵内分泌腫瘍 
センチネルリンパ節生検 多発性内分泌腫瘍症

★治療対象としている疾患
・乳癌
・外科的甲状腺疾患(甲状腺癌、結節性甲状腺腫、バセドウ病
・外科的副腎疾患(クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞種、副腎癌、副腎腫瘍)
・外科的副甲状腺(上皮小体)疾患(原発性および続発性副甲状腺機能亢進症)
・膵内分泌腫瘍(インスリノーマ、ガストリノーマ、グルカゴノーマ、膵島腫瘍)
・多発性内分泌腺腫瘍症

★各疾患に対する直近1年間の手術件数
・乳癌:100
・甲状腺癌:35
・良性甲状腺腫瘍:5
・バセドウ病:15
・副腎疾患:35 (うち腹腔鏡手術:30)

★臨床に携わっている医師数・専門医の数
医師数:10人
専門医など:外科学会専門医:5,外科指導医:2,
乳癌学会専門医:1,乳癌学会認定医:6,
消化器外科学会指導医:1,消化器外科学会専門医:1,
消化器外科学会認定医:1, 癌治療学会臨床試験登録医:2

★臨床試験の実施の有無、対象、内容
1.タキサン系薬剤抵抗性乳癌に対する
  塩酸イリノテカンの有用性と安全性の検討 
  −Phase II study−
2.アロマターゼ阻害剤による術後補助療法後の
  再発乳癌に対する高用量トレミフェンの検討
  HER2過剰発現を呈する進行乳癌に対するドセタキセルと
  トラスツズマブ併用療法の検討 (TBCRG-01)
3.ホルモン受容体陽性かつHER2過剰発現の転移・再発乳がんを
  有する閉経後女性におけるエキセメスタンと
  トラスツズマブの併用第二相試験(TBCRG-02)
4.ホルモン感受性閉経後乳がん術後補助療法における
  エキセメスタン、アナストロゾール、タモキシフェン投与の
  ランダム化比較試験(NSASBC04)

★特記すべき治療技術
乳癌については,
マンモトーム生検や放射線科と協力してRVSなどの
最先端の画像診断技術を駆使して正確な術前診断、
切除範囲の決定を可能としています。
乳房温存手術が乳癌症例の半数を占めていますが、
術前画像診断を正確に行うことは、
無理な乳房温存手術を実施して再発をきたす危険を
回避できることにつながります。
乳房温存を希望されても温存手術ができない患者様には
乳房切除術と同時に
乳房再建手術(形成外科に依頼)を受けられることをおすすめしています。ラジオアイソトープを用いたセンチネルリンパ節生検を厚生労働省認可の先進医療として実施しています。術後補助療法および再発乳癌においては最近開設された外来化学療法部と合同カンファレンスを開催して最適な治療法を検討しています。

外科的副腎疾患は、
原因により治療法がまったく異なりますが、
昭和30年代からの蓄積された豊富な臨床実績をもとに、
患者様の病態に適した治療法を選択しております。
最近は90%の手術が腹腔鏡により可能となっています。
外科的甲状腺、副甲状腺疾患は、
癌であっても多くが緩徐な経過をたどるため、
手術後のQOLが悪くならないすなわち手術による後遺症が残らない、
かつできるだけ根治的な結果が得られる治療法を開発しております。
すべての疾患でクリニカルパスを導入し、
標準化された治療が実施できるような体制を整えています。

★当科の目標
チーム医療を行うこと
最新の治療法を提供できること
臨床試験、探索的治療の提供など、
大学病院としての使命を果たすこと

〒466-8550
名古屋市昭和区鶴舞町65番地

名古屋大学医学部附属病院■乳腺・内分泌外科

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
タグ:名大病院
| コメント(0) | TB(1) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

加藤乳腺クリニック



乳腺科・外科・乳腺外科専門クリニック
加藤乳腺クリニック

★乳腺専門クリニックとは

最善の方針とは何かを考えます。
乳腺専門のクリニックでは
乳房・乳腺の病気や悩みを解決する最善の方針を考えます。

乳がんだけをとっても検診や診断と治療だけではありません。
乳がんの予防や
乳房を喪失した方の再建や
再発乳がんの治療など多くの関連した分野があります。
最近は乳がんが日本女性の悪性腫瘍で最も多いといわれます。
しかも比較的、若い女性にみられることも特徴です。

診断は触診・マンモグラフィ・超音波検査などで行われます。
マンモグラフィは
専門資格を有する女性技師が片方ずつ機械で乳房を圧迫して撮影します。
しこりにならない3mmのがんでも診断できる大切な検査です。

乳房に痛みがあるかたは
生理が終わった後5日目から10日目あたりに受診されるといいでしょう。
もし、
乳がんであれば手術による外科治療が最も有効な方針となります。
乳がんは
薬物療法や放射線治療によく反応するタイプのものが多いので、
これらの治療を
組み合わせて再発予防や進行を抑制する治療がなされます。

また授乳期の乳腺のトラブルや乳房の形に関する悩み
(陥没乳頭や大きさに関するコンプレックス)も対象になります。
専門性は設備や人的レベルによると考えます。
加藤乳腺クリニックは専門性にこだわり、
Total breast managementのコンセプトを実現してまいります。

★乳腺内視鏡手術による美しい乳房温存手術

早期乳癌のケースに対して
内視鏡補助下の手術を行うことにより、
従来の乳房温存手術に比べて
手術の傷跡が目立ちにくく良好な乳房のシルエットを
維持することができます。

この術式は1996年に加藤が独自に考案し開始した手術法で、
11年間で350名を超える患者さんにこの手術法を施行しており、
安全性と根治性が保証されています。
世界を見ても日本独自の手術術式であると言われています。

★加藤乳腺クリニックの特徴

加藤乳腺クリニックは
日本でも数少ない乳腺内視鏡手術を行う専門クリニックです。
乳がんの診断と治療に
最新の機器や情報の導入を積極的に行っております。

スタッフの多くが専門性を高めており、
各種認定資格を有する乳腺診療のprofessional teamです。
また、
乳がんのみならず乳房や乳腺に関するあらゆる症状や心配に
対応しております。
Total breast managementが当院の診療理念です。

専門施設として
日本乳癌学会認定施設
マンモグラフィ精度管理中央委員会 画像施設評価 A認定
を取得しております。
また、2007年1月現在の年間乳癌手術件数は155例となっております。

加藤乳腺クリニック
〒525-0037
草津市西大路8-12

乳腺科・外科・乳腺外科専門クリニック
加藤乳腺クリニック


乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

四谷メディカルキューブ乳腺外科



★女性専用外来
ちょっとした悩みも、どうぞお話下さい。
心と身体のバランスを熟知した女性ドクターがお待ちしております。

ウィメンズセンターにようこそ
ずっと気になっていた身体のこと、ありませんか?
ずっと聞いてみたかった病気のこと、ありませんか?
ひょっとすると、ほんの些細なことかもしれません。
ひょっとすると、すぐに解決が出来るかもしれません。
そして、それはとても大切なことかもしれません。
もっともっとあなたが自分らしく、ますます元気になるために。
ウィメンズセンターはお手伝いをしたいと思います。

入りやすく、話しやすく、そしてプロであること
医師、看護師を含めスタッフは主に女性ですが、
男性医師もいます。
ウィメンズセンターの専門家は豊な経験と人柄が自慢です。
そして、経験と人柄には性別は関係ありません。
完全予約制にし、プライバシーには十分に配慮しました。
今まで相談出来なかったことも、気軽に話してください。

★乳腺外科 / 診療案内
診療案内 
乳がんの診断 
検査案内(初診可 / 要予約) 
乳がんに対する診療方針

乳腺外科外来の紹介

乳腺外科では、
乳房に関するさまざまな症状(しこり、痛み、分泌など)に対して
診断を行い、治療方法をお示ししております。
自己判断や周りからの情報に惑わされることなく、
ご心配のことがございましたらご受診ください。

乳房の気になる症状

乳房に「しこり」を触れる。
腕を挙げたとき、乳房に「えくぼ」「ひきつれ」がある。
乳首からの分泌(レンガ色)がある。
乳首にびらんや、ただれを認める。
乳房全体が赤く腫れていたり、乳房に潰瘍ができて治らない。
わきの下のしこり(硬いリンパ節)を触れる。
上記症状が当てはまるからといって、
必ず乳がんというわけではありません。
乳腺には意外と良性疾患が多いのです。
自分で触っただけでは、
良性か悪性かがわからないことがほとんどです。
今までなかった乳房の症状が出てきたら、
「これって乳がん!?」と1人で悩まず、
まずは専門医にご相談してみてください。

また、区の健診や、会社の健診などで、
「要精査」、「E判定」、
「○ヶ月以内に乳腺外科外来を受診されてください」
などという結果が出ることがあります。
これら全ての方に乳がんが見つかるわけではありません。
ただし、中には悪性の方もいらっしゃいますので、
健診でチェックされた場合は、
乳腺外科外来を受診され、
精密検査を受けられることをお勧めします。

乳がんになる女性が増えてきているのも事実です。
乳がんの早期発見・早期治療が、
縮小手術や長期生命予後につながります。
上記のような症状を認めず、
検診で偶然見つかる乳がんもあります。
「生理前の痛みはあるけど、しこりはなさそう。
だけど乳がんだったら怖いし・・・」と迷っておられる方も、
まずは検診から受けてみてはいかがでしょうか。

安全で快適な抗がん剤治療のために

以前は乳がんと診断されれば
すぐに「切るもの」と思われておりましたが、
最近ではある程度の段階(ステージ)に達した段階で
診断された患者様に関しては、
術前化学療法をお勧めしております。
これは術前に抗がん剤(あるいはホルモン剤)を
使用することにより温存術率の向上を図り、
その乳がんの本当の意味での
悪性度を評価することが可能だからであります。
当科ではその術前化学療法を
安全でなおかつ快適に行うための施設を装備しております。

意外に悩んでいる方の多い症状〜乳房痛

乳房のお悩みで多いのは乳房痛でありますが、
なかなか適切なアドバイスをいただけない状況です。
乳房痛で病院に行って検査したけれど
『正常だから大丈夫!』と言われて
『では、なぜ痛いの?』と
不安になったことはありませんか? 
もちろん乳がんで痛みを感じる方もいらっしゃいますが、
多くがホルモンバランスの乱れから生じるものです。
症状によっては漢方薬や消炎剤処方なども行います。
一度ご相談ください。

★乳がん検査・治療・手術について(長内医師)

現在、日本においても乳がん症例は急増し、
死亡者も年々増加しております。
そうした現状を少しでも改善すべく、
ピンクリボン活動などにおいて
乳がんの早期発見の重要性や検診受診の必要性などを訴えております。
しかし、まだまだいわゆるしこりを形成してから
乳がんと診断される症例が多い状況であります。
もっと早い段階で乳がんの診断をすることは、
患者さんの治療成績向上においてもっとも重要なことであります。

乳癌手術・治療・名医>四谷メディカルキューブ

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・博愛会相良病院



女性のための専門病院・博愛会相良病院
平成19年1月5日さがらパース通りクリニックが誕生し、
新たに博愛会の一ページに
私共の目指す精度の高いがん医療を実践する場が加わりました。
また今年は
博愛会相良病院が創立されて満60年となる節目の年で、
人間で言えば還暦、まさに再び出発する年でもあります。
これまでの60年にわたる博愛会は、
スタッフの献身的な努力と多くの方々のご支援を頂きながら、
信頼できる医療機関との評価を得、
その医療環境を整えてまいりました。

今年の診療・運営のキーワードは「動く」です。
パース通りクリニックがオープンしてエネルギーを蓄え、
大事なことを始めるというコンセプトが
このキーワードに込められております。
クリニック、病院の3施設が良好な連携を保ち、
その機能を十分に発揮して、
さらに患者さんを中心においた医療を推進していきたいと思います。
そのために、
各部門が導入しているバランススコアカードによる
マネージメントシステムが
着実に「動く」につながることを期待致します。

各施設のめざすもの
★相良病院
私達は、常に最新・最適な医療環境を整え、
乳腺・甲状腺・婦人科の専門分野において、
診断・治療から術後のメンタルケアに至るまで
女性のための専門病院として取り組みます。
また緩和ケア病棟(ホスピス)では、
患者さん・ご家族の苦痛を和らげ心身共に癒し、
人生の充実した時間を過ごすお手伝いを致します。

★さがらクリニック21
私達は、多くの女性が身近に利用できる
女性専用外来クリニックとして、
気軽に安心して訪れることが出来るよう、
診療機能の特化と医療におけるサービスの追求に取り組みます。

★さがらパース通りクリニック
私達は、放射線診療センター・甲状腺診療センターにおいて、
質の高い専門医療を追求し最善の医療環境を構築します。
また病棟では、
入院環境を整えて放射線治療から
社会復帰をめざす患者さんのために、積極的な支援を行います。

★人間ドック ウェルライフ
私達は、健康づくりのお手伝いの場として、
ホスピタリティとアメニティを融合させた施設と
信頼できるシステムの運用できめ細やかな健診の実践に努めます。

患者様の権利
私たち医療者は、
人間の尊厳に対する共感と尊敬の念をもって、
適切な医療を提供する義務があり、
患者様にはそれを受ける権利があります。
また、同時に患者様には、
自己の健康の回復と増進のために協働者として
積極的に医療に参加していただくことが必要となります。  
相良病院は、患者様が安心して満足のいく医療を提供するため、
かつ主体的に医療に参加していただくために
下記の通り「患者様の権利」を掲げます。

1.全ての患者様は、良質で公平な医療を受ける権利があります。
2.全ての患者様は、いかなる治療段階においても他の医師の意見を求める権利があります。
3.全ての患者様は、全ての医療行為において納得のいくまで十分な説明を受ける権利を有し、その上で同意をあたえるかまたは差し控える権利があります。但し、その情報が患者様の生命、健康に著しい危険をもたらす恐れがある場合、医療者は情報提供を差し控える責務があります。
4.全ての患者様は、自分の診療記録の開示を求める権利があります。
5.患者様のその個人の全ての情報は機密が守られ、プライバシーを保たれる権利があります。
6.全ての患者様は、最新の医学知識に基づき、苦痛の除去を受ける権利があります。
7.研究途上にある治療については、十分な説明の基、その治療を受ける権利となんら不利益を受けることなく拒否する権利があります。

★資格認定
日本乳癌学会認定 乳腺専門医
日本乳癌学会認定 乳腺認定医
日本病理学会認定 病理専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本麻酔科学会 認定医・指導医・専門医
日本外科学会 認定医・指導医・専門医
日本医学放射線学会 放射線科専門医
日本核医学会 認定医・専門医
日本核医学会 PET核医学認定医
日本産婦人科学会 認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
日本消化器外科学会 認定医・指導医
日本臨床腫瘍学会認定 暫定指導医
日本東洋医学会認定 指導医・専門医
日本看護協会認定 ホスピスケア認定看護師
日本看護協会認定 がん性疼痛認定看護師
日本看護協会認定 乳がん看護認定看護師

★施設認定
日本医療機能評価機構認定施設(一般病院)
ISO9001認定施設(さがらクリニック21)
日本乳癌学会認定研修施設
日本乳癌検診学会マンモグラフィ検診施設画像認定施設
日本臨床細胞学会認定施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
協力型卒後臨床研修施設
政府管掌健康保険生活習慣病予防検診実施機関
乳癌検診精密検査実施協力機関

★各種承認事項・基準取得・届け出状況
1958年10月 基準給食指定
1960年6月 基準寝具指定
1986年4月 基準看護特T類
1987年1月 基準看護特U類
1994年10月 新看護体制3対1A
1996年3月 新看護体制2.5対1A
1996年5月 院内感染防止対策施設
1997年2月 新看護体制2対1A
1997年4月 夜勤等看護加算3(2006.3.31廃止)
1997年4月 入院時食事療養(T)
1997年4月 入院時特別管理加算・食堂加算
1997年6月 緩和ケア病棟入院料
1997年9月 薬剤管理指導料
2000年4月 T群入院基本料
2002年4月 外科化学療法加算
2002年9月 麻酔管理加算
2002年10月 医療安全管理
2002年10月 褥瘡対策管理
2003年3月 検体検査管理加算T・U
2003年5月 急性期入院加算
2003年5月 紹介患者加算V(2006.3.31廃止)
2003年5月 診療記録管理体制加算
2005年3月 入院時医学管理加算
     褥瘡患者管理加算
2005年8月 画像診断管理加算(T)
2005年11月 画像診断管理加算(U)
2006年4月 電子化加算
     栄養管理実施加算
     入院基本料B(10:1)
2006年5月 入院基本料A(7:1)
2007年3月 放射線治療専任加算
     在宅時医学総合管理料
2007年4月 臨床研修病院入院診療加算
2007年5月 高エネルギー放射線治療
     直線加速器による定位放射線治療
     有床診療所入院基本料(T)

女性のための専門病院・博愛会相良病院

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】

| コメント(0) | TB(1) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

乳癌手術・治療・亀田総合病院乳腺科

管理人は、平成元年松波総合病院で直腸がんのため人工肛門を造設、
執刀医は、神の手を持つ名医・加納宣康先生です。

2007年2月26日、日本テレビ『スッキリ!!』(8:00〜)
2007年2月26日放送分
神の手を持つ名医たちFile No.5
大腸がん治療の最先端技術
腹腔鏡手術の神の手
加納 宣康医師
として、紹介されていました。

その加納宣康先生が仰っていました。
「病気になったときは亀田総合病院で診察、治療を受けます。」

亀田総合病院乳腺科
診療内容
乳癌治療は、手術、薬物治療、放射線治療の3本立てが
乳癌治療の原則との立場から、
患者さまお一人お一人にその組み合わせを考え、
QOLを充分に考慮した治療をしている。

乳癌手術では可能な限り乳房温存術を行うが、
亀田総合病院外科の特徴である内視鏡外科手術を乳腺に応用し、
乳癌を治すことと術後の美しさの両立を図る乳癌手術を行っている。


乳癌手術実績年間全麻手術症例
 乳癌222例、その他30例
 乳房2期再建を含め80%以上の乳癌手術を内視鏡下に試行

年間局麻手術症例
 USマンモトーム、MG下マンモトームを含め約400件

亀田総合病院乳腺科

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。