乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医 】の楽天ショッピング
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!




乳癌キャンペーン>ピンクリボン

ピンクリボン・山田邦子 乳がん早期発見訴える



ピンクリボン・チャリティトーク2007を
山田邦子さんが都内で行なった。

乳がんを早期発見で完治した山田邦子さんは
乳がん啓発リボン、
ピンクリボンのイベントを機会ある度に参加している。
早期発見で自ら救われた経験を発表する。
非常によいことと思う。

藤田幸希が遼クンにスキートレ推薦「吐いたけどがんばって」
サンケイスポーツ
女子プロゴルフの藤田幸希(21)=写真(右端)、
上原彩子(23)=同(左端)=らが
12日、都内で行われた
乳がんの早期発見・治療の大切さ伝える
ピンクリボン...
詳しくは下記からどうぞ!
サンケイスポーツ 2007年12月13日 更新

藤田幸希が遼クンにスキートレ推薦「吐いたけどがんばって」

山田邦子 乳がん早期発見訴える
スポーツニッポン
タレントの山田邦子(47)が12日、
乳がんの早期発見と治療を訴える
ピンクリボン・チャリティトーク」を都内で行った。
自身も今年3月、
自らの触診で乳がんを発見。 ...
詳しくは下記からどうぞ!
スポーツニッポン 2007年12月12日

山田邦子 乳がん早期発見訴える

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン>ピンクリボン

ピンクリボン・FUJIFILM SQUAREギャラリーPHOTO IS いまをときめく女性フォトグラファーによる写真展『ピンク ピンク ピンク!』を開催



最近テレビCMで、
富士フイルムのマンモグラフィによる乳癌検診が
取り上げられるようになった。

テレビCMよりも詳細に
写真技術の進化が見られるサイトがある。
胃がん内視鏡、マンモグラフィ乳癌検診などなど・・・。
乳がんとFUJIFILM

医学の進歩は、機器においても進化する具体例だ。

FUJIFILM SQUAREギャラリーPHOTO IS
いまをときめく女性フォトグラファーによる写真展
『ピンク ピンク ピンク!』を開催
News2UNet (プレスリリース)
富士フイルムグループは、
乳がん検診による早期発見、早期治療で
死亡率を減らすことを目指す社会運動
「ピンクリボン運動」を応援しています。
そこで本写真展では
ピンクリボン運動にあわせ、
広告や雑誌の第一線で活躍する、
いまをときめく12名の女性フォトグラファー ...
詳しくは下記からどうぞ!
News2UNet (プレスリリース)2007年09月19日

FUJIFILM SQUAREギャラリーPHOTO IS
いまをときめく女性フォトグラファーによる写真展
『ピンク ピンク ピンク!』を開催


乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン>ピンクリボン

ピンクリボン・がん啓発リボン、多彩に・患者団体「まず関心持って」



管理人は直腸がん、
渡り哲也さんより少し前、人工肛門を左腹に付けた。
出どこが違っただけだと強がりを言いながら・・・。
18年以上経つ。

人工肛門の会に出席して、いろいろ教えてもらった。
今はベテランで、人工肛門の後輩?に教える。
日本オストミー協会のバッジも持っている。

ガンは早期発見が絶対だ!
ガンも様々な部位に発症する。
難治性のものもあるだろう。
日本オストミー協会が存在することは心強い。
「がん啓発」「まず関心持って」重要なことだ。

がん啓発リボン、多彩に・患者団体「まず関心持って」
日本経済新聞
乳がんのピンクリボンが先駆けだが、
最近は
「小児がんは金色」
「卵巣がんは青緑色」など種類も広がってきた。
集めた寄付を患者の自立支援に使ったり、
広く知られていない病気の実態を理解してもらったり。
団体は
「まずリボンを手にすることで、病気への関心を持って ...
詳細は下記より!
日本経済新聞(2007/09/18)

がん啓発リボン、多彩に・患者団体「まず関心持って」

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン>ピンクリボン

ピンクリボン・タクシーにピンクリボン 乳がんの早期検診訴え 鹿児島市のNPO法人

07:09:14-乳癌キャンペーン>

乳癌キャンペーン・ピンクリボン
07F07F21-sN{canvas.gif
10月は、
乳癌キャンペーンが行われている。
ピンクのリボン
乳癌と戦っている人々の努力を知らしめるシンボルとして着用される。
世界的な乳癌キャンペーン・ピンクリボン
日本でも、これから広がっていくであろう。

世の男性も乳がん撲滅のため、努力すべきだろう。
大事な配偶者や恋人に是非とも薦めていただきたい。
乳房の全摘出を避けるためにも是非!是非!

タクシーにピンクリボン 乳がんの早期検診訴え 鹿児島市のNPO法人
西日本新聞
乳がん撲滅運動を推進する
特定非営利活動法人(NPO法人)「ピンクリボンかごしま」
(鹿児島市・帖佐理子理事長)は、
鹿児島市内を走る約2000台の法人タクシーすべてに、
運動のシンボルであるピンク色のリボンのステッカーを配布した。
車体に張ってもらうことで、...
詳しくは下記からどうぞ
=2007/09/14付 西日本新聞朝刊=

タクシーにピンクリボン 乳がんの早期検診訴え 鹿児島市のNPO法人

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン>ピンクリボン

新宿で「ピンクリボンTシャツデザイン展」−山田邦子さんも登場



日本人女性のうち、
乳がんを発症する割合は約25人に1人と言われており、
また、乳がんで死亡する女性の数は年間約1万人弱とされ、
その乳癌キャンペーン・ピンクリボンは年を増すごとに拡大している。

乳がんは早期に発見すれば、
簡単に内視鏡手術で、乳房を完全に残したまま癌の摘出が出来る。

本ブログで紹介しているところであるが、
山田邦子さんも3箇所の癌を摘出した経験者でもある。

10月は、世界の乳癌キャンペーンの月である。

新宿で「ピンクリボンTシャツデザイン展」−山田邦子さんも登場
新宿経済新聞
アメリカで始まった「ピンクリボン運動」は、
乳がんの早期発見・診断・治療の
重要性を訴える啓蒙活動で、
日本でも市民団体、専門家、企業、患者などが参加し、
盛り上がりを見せている。

同展は各界のタレント、著名人が
「ピンクリボン運動を応援する気持ち」をTシャツに ...
詳細は下記からどうぞ!
新宿経済新聞(2007-09-11)

新宿で「ピンクリボンTシャツデザイン展」−山田邦子さんも登場

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】

| コメント(0) | TB(0) | 乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳がん検診率、3年後に65%目標 推進企業ネット



乳癌は早期に発見されれば、
女性のシンボル乳房を切除することなく
癌を根治することができる。

故に早期乳癌検診の必要がいわれ、
ピンクリボン運動が瞬く間に世界に広まったところである。
女性のシンボル乳房を完全切除を想像して欲しい。
美容形成外科で復元しても・・・?

乳がん検診の受診率の目標を「3年後に65%」
これ以上絶対必要!
_______________________

乳がん検診率、3年後に65%目標 推進企業ネット

ピンクリボン運動の一環として、
乳がん検診の受診率の向上を進めている
企業のネットワークが4日、東京都内で検討会を開いた。
ワコールホールディングス、
ジョンソン・エンド・ジョンソンなど11社が参加し、
女性社員らの乳がん検診の受診率の目標を「3年後に65%」
と ...
詳しくは下記からご覧ください。
朝日新聞 2007年09月04日19時29分

乳がん検診率、3年後に65%目標 推進企業ネット

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】

| コメント(0) | TB(0) | 乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン・ピンクリボン

10月は、乳癌から助かった患者、その家族や友人あるいは
この病気で亡くなった人々への理解を深める月間として
乳癌キャンペーンが行われている。
ピンクのリボンは乳癌と戦っている人々の努力を知らしめるシンボルとして着用される。
07F07F21-sN{canvas.gif
ピンクリボン
ピンクリボン(Pink ribbon)とは、
乳がんの撲滅、検診の早期受診を
啓蒙・推進するために行われる世界規模のキャンペーン、
もしくはそのシンボル。
日本人女性のうち、
乳がんを発症する割合は約25人に1人と言われており、
また、乳がんで死亡する女性の数は年間約1万人弱とされ、
その乳癌キャンペーン・ピンクリボンは年を増すごとに拡大している。


乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン・ピンクリボンの発祥と歴史

シンボルであるピンクリボンは、
まだ乳癌についての研究が浅かった1980年代のアメリカの小さな町で、
乳癌で死亡した女性の母親が、
この女性の娘である実孫に、同じ悲しみを繰り返さないよう、
願いを込めて手渡したものがピンク色のリボンであったことに端を発するとされる。
この行為が乳癌の恐ろしさと、
乳癌について知り、
考えるきっかけをこの町の住人に広め、
その後、草の根的な活動により、
アメリカ全土はもとより、ヨーロッパ、アジアなど
全世界的に広まったとされる。

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン>ピンクリボン

乳癌キャンペーン・日本におけるピンクリボン



07F07F21-sN{fR[{.gif
乳癌キャンペーン・ピンクリボンを掲げるワコール本社ビル(京都市)

07F07F21-sN{f[^[canvas.gif
乳がん撲滅キャンペーン(ピンクリボンデー)の東京タワー 

日本での乳癌キャンペーン・ピンクリボン運動が
一般的に認知されるようになったのは、2000年代に入ってからである。
2000年10月に
日本最大の乳癌患者支援団体である「あけぼの会」が
東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけだ。

しかしながら、
乳癌キャンペーン・ピンクリボン運動の規模は年を追うごとに急拡大しており、
アストラゼネカ、アテニア化粧品、エイボン・プロダクツ、
東京海上日動あんしん生命、ワコールなど、
乳癌キャンペーン・ピンクリボン運動に協賛する企業、市民団体は多数存在する。
また、Yahoo! JAPAN、asahi.comといった日本を代表するポータルサイト、
ニュースサイトで広く乳癌キャンペーン・ピンクリボン運動が紹介されている。

10月1日には、東京都庁舎、レインボーブリッジ、東京タワー、表参道ヒルズ、神戸ポートタワー、明石海峡大橋などをピンク色にライトアップ(またはピンク色の電球に交換)し、
いずれも大勢の人へ視覚という形で、
乳癌キャンペーン・ピンクリボン運動の認知度向上へ貢献している。

日本での乳癌キャンペーン・ピンクリボン運動の主たる活動組織は多数ある。
その中のひとつがNPO法人「J.POSH」
(Japan Pink-ribbon of Smile and Happiness)である。
J.POSHは田中完児関西医科大学乳腺専門医をはじめとする
発起人により活動が開始された。
J.POSHでは、1年に1度、マンモグラフィー検診
(乳腺・乳房専用のレントゲン検診)を受けることを奨励している。

NPO法人日本乳がんピンクリボン運動(J.POSH)



乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌キャンペーン>ピンクリボン

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。