乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医 】の楽天ショッピング
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!




乳癌について>乳癌・病期

乳癌・病期(ステージ)

乳癌の病期(ステージ)は
乳癌腫瘍のサイズ、リンパ節への浸潤の有無、
癌細胞の遠隔転移で決まってくる。
乳癌サブタイプの炎症性乳癌の場合、乳腺炎が発症していると、
自動的にステージIIIbかIVに分類される。
浸潤・転移が疑われリスクが高い場合は、
CTスキャン、核医薬画像化(シンチグラフィー)、
胸部X線検査、血液検査等の追加の検査で、
他の乳腺炎や原発巣から遠隔転移した二次癌の発見が試みられる。

腫瘍医はTMN分類で区分を簡潔に表現し、
推奨される乳癌治療法を決定する。
癌の病期を分類する一つの方法としてもTMN分類が使われる。
TMNとは
Tumour(腫瘍)、Nodes(リンパ節)そしてMetastasis(転移)の
頭文字を取りを短くしたものである。
あるいはエストロゲン受容体(estrogen receptor)、
HER2-neu癌遺伝子など生物学的要因もまた、治療を選択する上での要点となる。

07F07F11-Edcanvas.gif
硬癌

07F07F11-EHER2Fneu蔭iugDw@)canvas.gif
HER2/neuの過剰発現(免疫組織化学法)


乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
タグ:乳癌病期
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌について>乳癌・病期

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。