乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医 】の楽天ショッピング
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!




乳癌について>乳癌の病因・検診・検査

乳癌・病因と検診

乳癌・病因
2つの遺伝子、BRCA1とBRCA2は家族性の乳癌と関連している。
この乳癌家系の女性でこれらの遺伝子が発現している者は
そうでない女性に比べて乳癌に罹患するリスクが極めて高い。
(p53遺伝子突然変異の)Li-Fraumenid)症候群もまた同様で、
全乳癌患者の5%にこの症候群が見られる。
他の遺伝因子は乳癌では散発的に見られるだけである。

乳癌・検診
高齢の女性ほど罹患率が高い為、
今日では多くの国で検診を受けることが推奨されている。
検診には胸部自己診断法(breast self-examination)と
マンモグラフィー(mammography)も含まれる。
いくつかの国では、
壮老年女性の全員の(毎年の)マンモグラフィー検診が実施され、
早期乳癌の発見に効果を挙げている。

この段階で施されるマンモグラフィーは
早期乳癌を発見する為の選択肢のひとつであり、
より一般的な方法として、超音波検査、MRIやCTなど
マンモグラフィーに比べて解像度が低く、不便な画像診断も存在する。
CTは乳癌の検診には殆ど適しておらず、
費用や検査時間など使い勝手の点でMRIも同様に検診には使い難い。

アメリカの低所得者層では
医療サービスへのアクセスが十分でないため、
乳癌の検診を受ける率が低く、
それと相関して乳癌が診断された時に癌が進行している確率が高い。
そのため、
連邦政府は乳癌・子宮癌早期発見プログラムを1990年に創設し、
低所得者のための無料検診を実施している。
これを受けて州政府も州の財源を追加して
乳癌の低所得者無料検診を拡大した。
例えば、
カリフォルニアでは増税したたばこ税を財源として、
一年間に20万人弱の女性に無料検診を提供している。

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(0) | TB(0) | 乳癌について>乳癌の病因・検診・検査

乳癌について>乳癌の病因・検診・検査

乳癌・検査

乳癌・検査
壮老年女性の乳癌検診は増加しているのにも関わらず、
多くの女性が乳癌に最初に気づくのは、
かかりつけ開業医などが乳房のしこりを発見することである。

一般的な乳癌のスクリーニング検査としては、
問診、触診、軟X線乳房撮影(マンモグラフィー)、
超音波検査等が実施され、
臨床的に疑いが生じると、乳癌生検が実施され組織学的診断により
乳癌かそうで無いかが判別される。
乳癌生検は普通、
超音波装置の誘導で細い針を挿入するか、
直接芯の太い針を挿入するかのいずれかで、
乳癌の診断は乳癌生検の結果で確定する。

病理医はふつう、
乳癌腫瘍の組織型と、
顕微鏡的なレベルの進行度合い(浸潤性であるか否か、など)を
乳癌生検の報告に記述している。
浸潤性乳癌の殆どは腺癌(adenocarcinoma)であり、
その中で最も普通の亜型は浸潤性腺管癌
(infiltrating ductal carcinoma ICD-O code 8500/3)である。
他の亜型としては浸潤性小葉癌
(infiltrating lobular carcinoma ICD-O code 8520/3)などがある。
稀に、腺癌以外の癌腫(や、癌腫以外の悪性腫瘍)がみられる。

乳癌診断が付くと、次は癌の病期の判定に移る。
乳癌腫瘍の広がり具合と、浸潤や転移の有無を、病期判定の尺度とする。

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
タグ:乳癌検査
| コメント(0) | TB(2) | 乳癌について>乳癌の病因・検診・検査

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。