乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医 】の楽天ショッピング
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!




乳癌について>乳癌と疫学

乳癌と疫学

乳癌(にゅうがん, 英Breast cancer)とは
乳房組織に発生する癌腫である。
世界中でよく見られる癌で、
西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。
それゆえ、
乳癌の早期発見と効果的な治療法を達成すべく膨大な労力が費やされている。
また乳癌女性患者のおおよそ20%がこの疾患で死亡する。

乳癌・疫学
乳癌に罹患するリスクは年齢と共に増加する。
九十歳の女性の場合、
その年齢までに乳癌に罹患した人の比率は12.5%であり
8人に1人は乳癌に罹患していることになる。
乳癌は女性の癌の中では胃癌を越え、現在1位である。
また、今後も乳癌が増えていくと考えられている。

男性も乳癌に罹患することがあるが、1000人に1人程度である。
このリスクは色々異なった要因で変わってくる。
家系によっては、乳癌は遺伝的家系的なリスクが強い家系が存在する。
人種によっては乳癌リスクの高いグループが存在し、
アジア系に比べてヨーロッパ系とアフリカ系は乳癌リスクが高い。

他の明確になっている乳癌リスク要因としては以下の通り。
いずれもエストロゲンの長期並びに過剰状態を反映している。
エストロゲン(英Estrogen)は、ステロイドの一つ。
一般に卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれる。

・妊娠・出産歴がない
・第一子の後
・母乳を与えない
・初経年齢(月経が始まった年齢)が低い
・閉経年齢が高い
・ホルモン療法(エストロゲン製剤、ピル等)を受けている
・女性化乳房症(男性の場合)

年齢と共に乳癌の発生する確率は高まるが、
若年齢で発生した乳癌は活動的である傾向が存在する。

乳癌の一種の炎症性乳癌(Inflammatory Breast Cancer)は特に活動的で、
若い女性に偏って発生し、
初診時のステージがIIIbまたはIVであることが多い。
この炎症性乳癌は他とは変わっていて、
乳癌のしこりが無いこともしばしば見受けられ、
マンモグラフィーや超音波検査で発見することが出来ない。
乳腺炎(Mastitis)のような乳房の炎症が症状として現れる。


乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】
| コメント(1) | TB(0) | 乳癌について>乳癌と疫学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。