乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医 】の楽天ショッピング
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!




乳癌トピック>トピック

産婦人科医になったわけ(乳がん)



最近、後期高齢者医療保険で「かかりつけ医」という言葉が
特に多くメディアに登場するようになりました。

乳がんなど女性に多い病気は、若いときから高齢になっても発病します。
欧米では、女性が日本より早くから社会に進出し、
レディファースと言われてきました。女性が大切にされてきた訳です。
その欧米で、女性の90%が「かかりつけ医」を持ち乳がん検診など受けています。
日本では、まだ20%以下の女性が乳がん検診など受けているのみだそうです。
早期発見が、乳房を傷つけることなく乳がんを完治させられるようです。
女性外来クリニックで健康相談や女性検診(女性専用ドック)の
女性医師のお話しをよく聞きましょう。

産婦人科医になったわけ
大手小町
私がなぜ今の仕事、
女性外来クリニックで健康相談や
女性検診(女性専用ドック)をするようになったかというと、
妊娠してから気がつく子宮筋腫や子宮がん、月経痛は
病気じゃないからと放っておいて不妊で見つかる子宮内膜症、
小さな子どもがいるお母さんがかかる乳がん...
詳しくは下記からどうぞ!
(2008年4月10日 読売新聞)

産婦人科医になったわけ

◆女性医療ネットワーク http://www.cnet.gr.jp/

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】

| コメント(0) | TB(0) | 乳癌トピック>トピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。