乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医 】の楽天ショッピング
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!




乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療

うめざわクリニック・乳ガンにだけ健康保険の適応が認められている分子標的薬「ハーセプチンの効能」



現在のガン治療の功罪〜抗ガン剤治療と免疫治療
梅澤 充 医学博士
外科認定医
消化器外科認定医
消化器病認定医
日本癌治療学会会員 
日本癌学会会員 

うめざわクリニック

現在のガン治療の功罪について、
抗ガン剤治療と免疫治療に関する話題を中心に医療の現場から語ります。

「ハーセプチンの効能」
ハーセプチンはご存知の方も多いと思いますが、
乳ガンにだけ健康保険の適応が認められている分子標的薬です。
日本ではリツキサンと並んで、
分子標的薬の先駆けになったクスリです。

現在では、
乳ガンにしか健康保険の適応はありませんが、

ガン細胞がハーツー蛋白という特殊なタンパク質を持っていると、
何処にできたガンであっても効いてくれる可能性があります。

私は、ハーツー蛋白が発現しているガン細胞であることが分かれば、
乳ガン以外のガンに対しても使っています。
効きます。続きはコチラから

現在のガン治療の功罪〜抗ガン剤治療と免疫治療

乳癌の診断と治療【乳癌治療 名医】

| コメント(5) | TB(0) | 乳癌手術・治療・名医>乳癌の診断と治療
この記事へのコメント
乳癌には例外なくtMK(しきい値のない腫瘍マーカー)が発現しています。このマーカーは発がん腫瘍マーカーともいわれ、ナチュラルキラー細胞の受容体に結合性があり、トラスツズマブの薬理作用といわれるADCC活性を阻害しています。さらにしきい値にない腫瘍マーカーにはIgG1に親和性がなく(トラスツズマブはIgG1)IgG2に親和性のあることが学会発表されています。乳癌に対するトラスツズマブの使用が再検討されることは必至となります。
工藤憲雄
腫瘍マーカー(CEA,AFP等)は50種類以上ありますが、転移腫瘍マーカー(tMK)は人類に一つしかないことが判明しています。最終的にがん患者を死に至らしめている実に90%が転移腫瘍マーカー(tMK)が陽性の転移なのです。tMK→閾値のない腫瘍マーカーである。
工藤憲雄(日本分子腫瘍マーカー研究会会員)
緊急のお知らせ
手術前に再発・転移を知ることが出来るバイオマーカーが発見された
工藤憲雄(日本分子腫瘍マーカー研究会会員)
HER-2阻害剤が犯す三つの大罪→HER-2阻害剤が産性の胎児肝臓成長因子が三つの大罪を犯す。一つ:乳管(上皮細胞)・小葉を囲んでいる基底膜を破壊する。二つ:基底膜の破壊と造血管によりがん細胞が血中を循環する。事実、胎児肝臓成長因子が検出薬(特許取得)によって血中から検出されている。三つ:細胞内基質分子の恒常的リン酸化亢進による制御なき腫瘍増殖。詳しくは掲載文献をお読みいただきたい。
工藤憲雄日本分子腫瘍マーカー研究会会員()
転移するガンだけを攻撃する抗体を作成いたしました(特許成立)。現在世界の何処の国でも創薬化されていません。理由は転移するガンだけに特徴的な分子の存在が知られていなかったからです。
がん患者を死に至らしめている転移の医学的根拠を学会発表いたしました。発表者は私です。
工藤憲雄(日本分子腫瘍マーカー研究会会員)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。